• トップ
  • 【Web API】アクションの設定方法

【Web API】アクションの設定方法

作成した設計図を基に、会話を設定していきましょう。

※こちらはWebサイト・ホームページに設置するWEB APIのマニュアルになります。


基本的な会話は「アクション」で設定していきます。

まずは、最初に表示されるメッセージを変更しましょう。


「アクション一覧」をクリックします。

「menu1」をクリックします。


「このアクションに対する応答文」のタブをクリックします。

「編集」をクリックします。

「応答メッセージ」に、「GoQSmileが開かれた時に最初に表示されるメッセージ」を入力します。
例:「お問い合わせありがとうございます。下のボタンからお問い合わせ内容を選んでください!」

「応答選択肢」に、「GoQSmileが開かれた時に最初に表示されるボタン」を入力します。
例:「サービスについて,会社情報」

「保存」をクリックします。

不要なメッセージの「ボタン」をクリックします。

「OK」をクリックし削除します。


DEMOページでmenu1の内容を確認します。(一度開いている場合は「メニュー」と発言してください。)

GoQSmileが設定どおりの返答を表示してくれました。

応答選択肢(ボタン)をクリックしてみます。

まだ設定されていないため、GoQSmileが理解できませんでした。

ここで、応答選択肢をクリックすると「ユーザーが、応答選択肢を発言している状態」である事が分かりました。
これを利用し、シナリオを作成していきます。


次に、応答選択肢をクリックされた際に表示されるメッセージを新規作成しましょう。


「アクション新規作成」をクリックします。

任意のアクション名を入力します。 【必須】
例:「action01」

アクションに関するメモを入力します。
例:「テストアクションです。(サービスについて)」

「新規作成」をクリックします。

ユーザが話しかける会話文を入力します。
例:「サービスについて」

「更新」をクリックします。

「このアクションに対する応答文」のタブをクリックします。

「応答文グループ追加」をクリックします。

応答メッセージを入力します。 【必須】
例:「どちらのサービスを知りたいですか?」

応答選択肢を入力します。
例:「GoQSmile,GoQSystem,GoQ採用管理,その他」

「保存」をクリックします。


DEMOページで「メニュー」と発言し、応答選択肢の「サービスについて」をクリックします。

設定したアクションが発言されました。
このように、シナリオは「前のアクションの応答選択肢」と「次のアクションのユーザが話しかける会話文」を一致させることで設定していきます。


※特殊なアクションについて
「menu1」は特殊なアクションで、「GoQSmileが開かれたときに最初に発言されるアクション」になります。
特殊なアクションには下記があります。システム上必須となるため、削除しないようにしてください。

 [menu1] GoQSmileが開かれたときに最初に発言されます。
  ※必ず編集してください。
 [menu2] 「メニューに戻る」や「ボタン」を押したときに発言されます。
  ※必ず編集してください。
 [sys_confirmation_cancel] ステートをキャンセルするために使用されます。
 [sys_confirmation_no] ステートで「いいえ」と入力された場合に使用されます。
 [sys_confirmation_yes] ステートで「はい」と入力された場合に使用されます。
 [sys_no_action] AIがどのアクションにも紐づかなかった際に発言されます。
 [st_●●●●] ステートの設定で生成・利用されます。


同じようにして、まだ作成されていないアクションも作成してみましょう。
以上で、GoQSmileの基本的な設定は完了です。

アクションについてのより詳しい説明は、こちらをご参考ください。
【Web API】アクションの機能解説

アクションをCSVで一括登録する際は、こちらをご参考ください。
【Web API】CSVでのアクション一括登録

ログからアクションに設定を追加する方法は、こちらをご参考ください。
【Web API】ログからのアクション登録方法