• トップ
  • 【Web API】WEBサイトへの設置方法

【Web API】WEBサイトへの設置方法

それでは、チャットボットの設置を行います。

※こちらはWebサイト・ホームページに設置する場合のマニュアルになります。

アプリケーション基本設定の画面に移動します。

「アプリケーション一覧」をクリックします。


設置したい「アプリケーション名」をクリックします。


「チャットウィンドウ設置用スクリプト」にて、「ウィンドウ型(左・右)」もしくは「埋め込み型」を選択します。
※「チャットウィンドウ設置用スクリプト」は、アプリケーションを作成した後に表示されるようになります。

[ウィンドウ型]
ページの右下(もしくは左下)に表示され、クリックするとチャットウィンドウが開くタイプになります。

[埋め込み型]
ページの任意の位置に表示されるタイプになります。


scriptタグが更新されます。

[ウィンドウ型の場合]
のscriptタグをWebサイトのbodyタグの一番最後に挿入します。

[埋め込み型の場合]
idが「goqsystem-chat」と指定されている部分に設置されます。
設置したい箇所にを挿入し、のscriptタグをbodyタグの一番最後に挿入します。

設置したホームページへ移動し、チャットボットが表示されているか確認してみましょう。


「DEMOページへ」をクリックすると、確認用のページが表示されます。設定確認等にご活用ください。
※「DEMOページへ」はWEB APIのみの機能となります。
※設定したアクション等は自動的に更新されるため、設定後のDEMOページ更新は不要です。


以上でWEBサイトへの設置が完了しました。
DEMOページにて設定を確認することもできます。
DEMOページ表示方法